スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデー&ホワイトデー

こんにちは。工藤国際特許事務所のハシバです。

今日は、事務所の“お菓子の日”のひとつ、“バレンタインデー&ホワイトデー”のご紹介です。

今年のバレンタインデー、2月14日に頂いたお菓子はこちら。
札幌のコーキーズクッキーさんから取り寄せた、ソフトクッキーです。
IMG_0608k.jpg

社長がこのお菓子を選ばれた理由は、美味しい上に、ショートケーキ型のパッケージが可愛かったからだそうです。

社長の予測どおり、みんなで円いホールケーキの形にしてみました。
IMG_0603.jpg

男性所員へ配られたものはチョコレートケーキ、女性所員へのものはストロベリーショートケーキになっています。

それぞれ、チョコレート味とイチゴ味のクッキーが入っていましたが、
男女で一枚ずつ交換して二種類のお味を楽しんだ方もチラホラ。

もちろん(?)、私もその中の一人ですが、どちらも生(レア)クッキーということで、生地はとてもしっとり。
練り込まれた濃厚なチョコレートも、甘酸っぱいイチゴも、とっても贅沢な味わいです。

見ても楽しい、食べても美味しい、2倍嬉しいお菓子でした。
チエコ社長、素敵なお菓子をありがとうございました


ちなみに、私たちスタッフ同士もこの日にお菓子を贈り合っています。

こちらは女性スタッフが男性スタッフへ贈った、モンロワールさんのハートキスチョコレートです。
IMG_0612.jpg

そして、男性スタッフからはユーハイムさんのバームクーヘンを頂きました。
IMG_0615.jpg

このように、私たちの事務所では“バレンタインデー”と“ホワイトデー”を同日にしているのですが、
その理由をチエコ社長に伺ってみました。

社長によりますと、「はじめは別々の日にしていたのですが、女子に甘い私が男性に贈ったものと同じものを女子にも“お味見”として渡した」ことが発端のようです。

「だって、どんなチョコか気になるでしょ?」から「2度もお菓子を選ぶのも面倒だし…」となり、
「だったら、同じ日にやっちゃいましょう!」と現在の形式になったそうです。

「お菓子の日」は事務所の皆が甘いもので楽しむことが目的なので、「これでいいのだ!」とおっしゃるチエコ社長。

確かに、仕事が忙しい中でも、甘いお菓子をみんなで味わう時間はほっこりと幸せな時間ですよね。

次は、どんなお菓子が頂けるでしょうか…?
楽しみにしています!
スポンサーサイト

季節のお菓子11

こんにちは。工藤国際特許事務所のお菓子係、キタザワです。
早いもので、今年ももう数日を残すばかり、一年の過ぎるのが早いと感じるのは私だけでしょうか・・・。

今年もクリスマスのお菓子の時期がやって来ました!
昨年はROYCE’さんのしっとり、ボリュームのあるシュトーレンを頂きましたが、今年は岩手県にある、福祉工房カナン牧場さんのシュトーレンを取り寄せる事になりました。
昨年のよりは少し小ぶりですが、いっぱいかかっていた粉糖が程よく馴染んで美味しそう!!

IMG_0469.gif

シュトーレンはドイツのお菓子で、家庭で作られるそうです。
出来立てよりもしばらく置いたほうが味が馴染んで美味しくなるようで、1ヶ月も前から作り、少しずつ食べてクリスマスを待つとか。

たっぷりかかった粉糖は雪を表し、特有の形はイエス・キリストのゆりかごになった飼馬桶を型取ったものだとか。

所員の人数分、切り分けるのは粉だらけになって大変ですが、皆の喜ぶ顔と、ドライフルーツたっぷりの美味しいシュトーレンを頂くために頑張りました!

IMG_0471.gifIMG_0472.gif

季節のお菓子、今年はこのクリスマスのお菓子が最後です。
今年もいっぱい季節を味わう事が出来ました。
所長・社長、いつもありがとうございます。
さて、来年はどんなお菓子を頂けるでしょうか・・・楽しみです!

季節のお菓子10

こんにちは、工藤国際特許事務所の新人、ニシグチです。
今年は例年になく寒い日が多かったように思います。
つい先日も雪が降りましたね。

しかし、暦の上ではもう3月桃の節句の季節となりました。
そして、本日、3月2日は、とても嬉しいことがありました。
それは、季節のお菓子として桜餅を戴いたことです。

緑色の桜葉のほんのりとした塩気が、弾力のある甘い桜色の餅とマッチしていて、
口一杯に春の息吹を感じました。
季節の折々を感じる和菓子、一足早い春の到来です。


雛祭り1

桃の節句といえば「ひな祭り」です。
事務所エントランスには、色鮮やかなひな人形が飾られています。
毎朝、華やかな「おひな様」が出迎えてくれています。
ひな人形は早く片付けないとお嫁に行くのが遅くなるといわれていますが、
事務所では旧暦まで飾っておくそうです。

チエコ社長に伺ったところ、
「あまり急いでお嫁に行かず、結婚してもやめずに長く居てね!」
という願いを込めてだそうです。


雛祭り2


ところで、ひな祭りは「女の子の祭り」ばかりではなく、「厄払い」の行事でもあるようです。
運気をよくするのに、
菱の実(滋養強壮に効果あり)で作った「菱餅」を食べたといわれています。
近年は、これに代わって桜餅が食べられるようになったようです。

このように、美味しいお菓子と文化を享受できることも
工藤国際特許事務所の楽しいイベントの一つだと先輩方から教えていただきました。
仕事は充実していて忙しいですが、季節の和菓子をいただくと疲れもとんでいきます

春の到来は、新しい出発、新しい一年を意味しますね。
私もこの事務所に春のように暖かく迎えられて早4ヵ月、
まだまだ未熟者ですが、これから出る新芽のように、ぐんぐん成長できますように・・

所長、チエコ社長 ご馳走さまでした。

季節のお菓子9

こんにちは、工藤国際特許事務所の新人、ハシバです。
今回は、私たちの事務所のクリスマスの様子をお伝えしたいと思います。

今年も花屋「かしこ」さんによるクリスマスの飾りです。

クリスマス2

6階のドアを開けるとすぐに、この青いお花をあしらった天使のお人形が迎えてくれます。
この可愛らしいディスプレイを見る度に、寒い冬の間でも心がほっこりと暖かくなるのでした。

クリマス1

続いて、クリスマスの3連休を前に頂いた、クリスマスのお菓子をご紹介します。

ROYCE’(ロイズ)さんのシュトーレンです。

シュトーレン1

シュトーレンはドイツのクリスマスには欠かせない醗酵菓子で、本場ドイツでは12月になると日曜日ごとに家族や友人と少しずつ食べてクリスマスを待つ、という慣わしがあるそうです。

ラム酒に漬けられたレーズンやドライフルーツ、ナッツがたくさん練り込まれ、焼き上げられた生地はとてもしっとりとしていて、絶品です。

ずっしりとした重量感にもかかわらず、その美味しさに所員全員ぺろりと平らげたのでした。

シュトーレン2


ところで、このシュトーレン、とても上手に切り分けていただいてるなぁと思ったら秘密がありました。

季節のお菓子担当のキタザワさんが、図面のトツカさんにパソコンで1.8センチ間隔の線を引いてもらい、それを下敷きにして一本を12個に切り分けたそうです。

先輩方、さすがです!

秋の味覚 ぶどう

こんにちは、工藤国際特許事務所のモリです。

経理のお仕事で長い間、お世話になっていたスズキ様から
旬の果物を頂きました。

毎年送って下さいますが、
今年はぶどうでした。


左側はマスカット種のナイアガラ。 右側は巨峰種のピオーネ

ブドウ1

頂いたものの数が所員の人数より少ないときや、分けにくいときは
所員でくじ引きをしています。

しかし、今回は夏季休暇をとっている人が多く、
贅沢にも、1人1房いただけることになりました。

お休みの人は残念でした...。

私が選んだのは、巨峰群中で最高の品質とボリュームを持ち、
ジャンボブドウと称されている、ピオーネ

ごらんの通り、ナイアガラと比べると大粒が際立って見えます。
家に帰って、よく冷やしてからいただきました。
種がなく、食べやすかったのも魅力でした。
おかげ様で、リラックスタイムを満喫することができました。

↓こちらのナイアガラを選んだミヤタさんの感想によると...

ブドウ2

「実がぎっしりとつまっていて、食べ応え抜群。
果汁100%ジュースを飲んでいるかのようだった。」とのことです。

次は分けあって両方味わおうねと盛り上がりました。

秋の味覚を堪能でき、とても満足です。

スズキ様、いつもありがとうございます。
ごちそう様でした。
プロフィール

工藤国際特許事務所

Author:工藤国際特許事務所
工藤国際特許事務所のブログへ
ようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。